絶対痩せたい人必見!おすすめ酵母ダイエットサプリ一挙公開

HOME » なぜ、酵母ダイエットがいいの? » 酵素ダイエットとの違い

酵素ダイエットとの違い

混同されやすい「酵素」と「酵母」。酵素・酵母の働きや、酵素ダイエットと酵母ダイエットの違いについて解説しています。

酵母と間違えられやすい「酵素」とは

酵素とは、食べたものの消化・吸収や新陳代謝、排泄などを促進するたんぱく質です。

体の中で働く酵素の数は3000種類以上にも及ぶといわれ、それぞれの酵素に得意分野があり、役割を分担して働いています。

たとえば、消化酵素は、食べ物の栄養素の消化を促進する働きがあります。

ご飯やパンなどの主成分のでんぷんは、アミラーゼという消化酵素によってグルコースという物質に分解されて、エネルギー源として使われます。

酵素が分解を促すことによって、体内でエネルギーとして利用できるのです。つまり、酵素は私たちの生命活動になくてはならない存在なのです。

酵素は通常、体内で一定量が作られています。

しかし、酵素が不足するとバランスを崩し、体の内外で不調をきたします(食べ過ぎて消化不良を起こすのは、消化酵素が足りなくなることが原因です)。

加齢とともに、体内で生産される酵素の量は減っていきます。そのため、新陳代謝が悪くなったり、太りやすくなったり、肌の調子が悪くなったり、疲れやすくなるなどの症状があらわれてくるのです。

一方の酵母は、微生物の一種です。糖分をアルコールと炭酸ガスに分解する「発酵」という働きを持っています

酵母も、私たち人間同様、体内で酵素を作り出します。しかしその量はや効率の良さは、工業的に酵素を作るときに利用されるほどだといわれています。

「酵母は、酵素を生み出すお母さん」とも言われているくらいです。

酵素は、たんぱく質が主成分なので、高温や胃酸、高アルカリなどに弱く、働きが鈍くなってしまうということがあります。

それに対し酵母、とくに生きた天然の酵母は、熱や酸に強く、生きたまま胃や腸に届きます

また、酵母には酵素以外にも、ビタミンB群やミネラル、アミノ酸やβ-グルカンなどの栄養素も含まれています。

酵素ダイエットと酵母ダイエットの違い

酵素ダイエットは、酵素ドリンクを使用しながら、ファスティングをしたり、1食置き換えたりするダイエット方法です。

ビタミンやミネラルが豊富に含まれた酵素ドリンクを摂取することで消化や代謝を促します。また、便秘解消などのデトックス効果もあります。

しかし、酵素ダイエットは酵素ドリンクを飲むだけで痩せるものではなく、あくまでも食事制限をすることが基本です。

ファスティングや置き換えによって食事制限をしながら、酵素ドリンクを摂り入れなければ効果がありません。酵素ドリンクを飲んでいるのにやせないという人は、食事制限をしていないというケースが多々あります。

また、酵素ドリンクの中には、砂糖を多く含んでいるものもあるので、飲みすぎるとカロリーオーバーになってしまうという危険性もあります。

サラダ画像

これに対し、酵母ダイエットは、無理な食事制限は必要ありません

3食普通に食べながら、酵母を摂取するだけ。酵母が糖を分解してくれるので、食事面で我慢することなく痩せることができるのです。

※ただし、酵母の働きにも限度があるので、食べ過ぎは禁物です!